8月 16th, 2018年

ハーバード医大(HMS)の

2018-08-16

マスクが欠かせない花粉症とは、
森林のスギやヒノキ、マツなどの飛散するタイプの花粉が元凶となって、
クシャミ・目や皮膚の痒み・微熱・鼻詰まり・鼻水などのゆううつなアレルギー症状をもたらす病気だということは、
今や常識となりました。


寝姿を見ることで、患者が動物を可愛いと感じるとオキトキシンというホルモンが分泌され、
最終的にはストレスを減らしたりヒーリングなどに繋がっていくのです。


スギの花粉が飛ぶ1月~4月の間に、
乳幼児が体温はいつもと変わらないのに頻繁にクシャミをしたり水のような鼻みずが止んでくれない状態なら、
もしかすると『スギ花粉症』かもしれないのです。


セロトニン(5-HT)神経は、
自律神経のバランスの調整や痛みを鎮静化させ、
色々な覚醒現象などを司っていて、
単極性気分障害(うつ病)の人はその働きが弱いことが明らかになっている。


PCモニターの青い光を低減する効果のある専用メガネが非常に人気を博している理由は、
疲れ目の対策法にたくさんの人々が努めているからだといえます。


ポリフェノール最大の機能は水溶性のL-アスコルビン酸や脂溶性であるビタミンEなどとは違っていて、
細胞間の水溶性部分に脂溶性部分、
ひいては細胞膜でも酸化を予防する効果があります。

Copyright(c) 2014 教えてイエス様 All Rights Reserved.