薄暗い所では塩分や脂肪の摂取過多

2018-01-17

急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)は、
最も代表的な中耳炎で小さな子供によく起こる病気です。
耐え難い耳の痛みや38度台の発熱、
ひどい鼓膜の腫れ、耳漏(じろう)などの色々な症状が発生します。


抗酸菌のひとつである結核菌は、
人間がゴホゴホと「せき」をすることで空中に投げ出され、
空中でふわふわと流されているのを違う誰かが呼吸の際に吸い込むことでどんどん拡がっていきます。


吐血と喀血、いずれも血を吐くことですが、喀血とはのどから肺をつなぐ気道(呼吸器の一種)からの出血であり、
吐血は無腸間膜小腸よりも上にある消化管から血が出ることを指します。


2005年(H17)年より新しく特保のパッケージに「食生活は主食、
主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」との注意を促す日本語の文章のプリントが食品メーカーに義務付けられている。


食事の際は、次に食べたい物をなんとなく口へ運んで数十回噛んで嚥下して終わりだが、
その後も人体はまことにまめに機能し食物を体に取り込むように努めているのだ。


基礎代謝量(きそたいしゃりょう)というのは目が覚めている状態で生命を保っていく(心臓、
鼻からの呼吸、腎機能の働き、体温や筋緊張の保持など)のに必要な最も低いエネルギー消費量の事を指しているのです。

Copyright(c) 2014 教えてイエス様 All Rights Reserved.